独り言


2011/01/09 Honolulu (December 2010)

 昨年末は約二年ぶりにハワイに行く事ができました。ホントに慌ただしい一年だったけど、この4泊6日のために頑張れたと言っても過言ではない。そんなわけで、いつもは京成特急で行く成田へも、今回はちょっと贅沢して新型スカイライナーを使ってみました。


 毎回、日暮里から乗るので空港までは特急で一時間ちょっと。旧スカイライナーは50分台。この差で2倍の2,400円は納得いかないし、車内が地下道臭かったのでもっぱら特急を利用していました。ところがスカイアクセスは北総線を利用してなんと36分と特急の半分。ちょっとくつろいだなと思ったらもう到着という速さは病みつきになります。予約制の座席は大型のLCDが見やすい02Aが人気ですぐに売り切れ。


 たまに先頭車両に搭載されたカメラの映像が流れます。これは駅を通過するときの映像。


 今回は座席がネットで予約できることを前日に知って慌てて予約。1車両には1割くらいしか乗客がいないけど、02Aの座席は完売。一つ後ろの席だけど十分よく見えました(^_^。


 今回は初めてデルタ航空を利用。旅行代理店の手違いで同行者の名前と性別が○男(MR)から○子(MS)になっていてチェックインできずに慌てたけど、なんとか修正できて搭乗(--;。


 ホテルも奮発してヒルトンに宿泊。本来は有線でネット接続無料のプランなのに無線プランと説明され、辛うじて拾えた電波に接続。しかもこの部屋は有線のモデムの調子が悪い(--;。無線は本来のプランと違うので有料になるけどクレームつけて無料にしてもらえました。飛行機のチェックインとこのLANのトラブルで疲れたけど、ホッと一息の一杯(^_^;。


 同行者はお肉好き、辛い物好きなので食事はディナーはステーキやタイ料理を満喫。ランチはフードコートの利用が多かったけど、いろんな国のフードコートでハズレがないのがアジア料理。中華ならパンダエクスプレスがメジャーですね。アラモアナショッピングセンターにはタイ料理の店があったので迷うことなく食べてみました。フードコートではどの店も$8〜10が相場。この値段でタイ料理3皿(ゲーンギョウワン、ガイガパオ、あとポークと野菜の炒め物)は安い!そして旨かった(^_^。


 戦艦と大戦機が好きな同行者のご要望にお応えしてパールハーバーへ。平日は路線バスがアリゾナ記念館前に寄ってくれるけど、今回は土曜日で幹線道路の停留所で降りなければならなかった。それを知らずに行きすぎてしまい、運転手に乗り換えチケットをもらって引き返すことに(--;。平日以外に行く方はアロハスタジアム前で降りましょう。パールハーバーの各施設に入るにはウエストバッグなどの小さなバッグも預けなければなりません。この預かり所が以前とは違う場所に引っ越していました。ハワイはショッピングセンターやホテルの建設や改装が相次いだり、ダイヤモンドヘッドへの登山道が工事されていたりと変化が多いので、それぞれの利用前にチェックが肝心ですね。


 以前ミズーリを観たときはツアー参加だったけど、今回はフリープラン。このほうが時間の制約が無く、料金も何十ドルも安いのでお薦め。ID(パスポートのコピーでも可)を預けると入り口で日本語の音声ガイドを無料で貸してくれるのもありがたいサービス(^_^。写真は艦内に展示してあった大改装前後のミズーリの模型。


 ミズーリの右舷後部甲板にはカミカゼが特攻してきたそうです。写真左上に零戦が迫っているまさにその瞬間。搭乗者は丁重に葬られたそうです。


 艦側にはあまり被害がなく、側舷上部が曲がり、甲板の色が変わった部分に被害があったとのこと。


 艦内工場。結構大きな旋盤が設置されていました。


 太平洋戦争終結時の日本側の調印文書。拡大写真はこちら。下から3番目から訂正線があるのはカナダ代表(調印時に日本にいた最高役だけど、そんな重責とは縁がない人だったらしい)が記入欄を一段間違え、後で欄を訂正したとのこと(--;。


 午前中にミズーリ見学を終え、午後はシャトルバスに乗ってフォード島にある太平洋航空博物館へ。前回同様に零戦が迎えてくれます。


 B25ミッチェル。機首の機銃がないのが残念。


 後ろからの構図。胴体断面がかなり四角形に近いんですね。


 前回来たときは吊り下げられていたドーントレスが降ろされていて間近で観ることができました(^_^。


 いつかは作りたいアキュレイトのプラモのために、いろんな角度から撮影(^_^。


 零戦では空気抵抗が少ない沈頭鋲頭だけど、強力なエンジンを積んだ機体は関係ないのね。


 この機銃はイミテーションみたいね。


 前輪格納庫は左右で素通し?


 この博物館にはオプショナルツアーで79番格納庫が見学できるけど、展示機はジェット機が中心とのこと。大戦機で満足しちゃったし、時間もないので見送り。


 館内の軽食レストランは当時の雰囲気を醸し出しています。ここのタイ風焼きそばは結構旨い(^_^。


 ショップで売られていた機体マーキングのイミテーション。零戦もあったけど無残にも機銃痕が(--;。


 外に展示してあるドーントレス。かなりレストアされた機体でリアルなイミテーションって感じ。この時は気がつかなかったけど、この機体は以前は館内で展示されていたものなのね。どうりで懸架されていて間近で観られなかったはずだ(^_^;


 今回満足したステーキ。アウトリガーリーフホテルのカニ・カ・ピラ・グリルはこんなに分厚いステーキを自分で好みの焼き加減で食べられます(^_^。今まではアウトリガーワイキキホテルのチャックズを利用していたけど、サラダバー付きで同じような料金でこっちの方がサイズが大きい気がします。


 専用のコンロでレアだと両面2分ずつ、ミディアムだと4分ずつで焼き上がり。このコンロは火力があるので近くによるととても熱い。それなりに煙もでるので、できるだけ近くの席に座らない方が無難。


 天井には南国特有の扇風機。それぞれにモータが付いている訳じゃなく、1個のモータにプーリーでつながれているだけ。