独り言


Dresden (Septemper 2008) 第五話「ノイシュタット地区」

 新市街という意味のノイシュタット.新しいと言っても何世紀もの歴史のある地区と比べてのことで,駅は相当に古めかしい.


 この駅にもレイアウトがあった.


 こんな地図があると観光客には有り難い.そう言えば都内にも所々に町内の地図や坂道の由来なんかが書かれた案内板があったな.ゆっくりと歩く機会が少ないので,つい見過ごしてしまうけど,たまには休日にいつもの道を散策するもの悪くないかも.


 旧市街からエルベ川を渡ったところにある金の像.街の景観に対して色合いがちょっと浮いているなあ(^_^;.


 中華はどの街にもあって,そこそこ旨い.海外で食べる和食は大抵失敗するのは,素材重視の料理が多いからだと思う.ここは愛想の良い中国人のマスターが腕を振るっている.


 エビと野菜の炒め物をオーダー.豆板醤が肉料理でつかれた胃に活を入れてくれる.もちろん中華にもビールは欠かせない(^_^.


 今回確保した数少ないお土産.ドレスデン城の売店においてあったボトルシップのキット.まったくドイツらしい土産じゃあないけど,箱のイラストが気に入ってしまった.


 小さなボトルと木の帆船,海用のジェルといった内容.組み説のイラストも可愛いのだ.


 眠かったオルガンコンサートが開かれたフラウエン教会の模型.高さは約12cm.空爆される前はこんな色合いだったのかな.